公益財団法人 日本医療機能評価機構 認定病院患者安全推進協議会

ログイン
新規会員登録
お問い合わせ

ジャーナル

最新号

【掲載日】2023年12月22日(金)

最新号患者安全推進ジャーナルNo.74を発行しました

【発行日】 2023年12月発行
【事例】 膀胱留置カテーテルのバルブへの輸液ラインの誤接続
【特集】 患者・家族とのコミュニケーションと意思決定支援

No.74

 

ルールづくり、そしてメーカーへの報告

 

 ➡ [事例]膀胱留置カテーテルのバルブへの輸液ラインの誤接続 p4~

 

 膀胱留置カテーテルのインフレーションバルブに、末梢輸液ラインを誤って接続した事例を紹介します。末梢輸液ラインや輸液用注射器をインフレーションバルブに接続することは、想定外の使用法です。しかし、バルブの口径は輸液ラインの口径とほぼ同じなので、これらは接続される可能性があります。誤接続の最大の要因は、物理的に接続できる構造であり、したがってこのような事例は、どの施設でも起こりえます。ラインやチューブの誤接続を防ぐための対策、また、医療安全管理部門として行うべきことについて、事例をとおして考えます。

 

 

患者の意思決定を支援するさまざまなかたち

 

 ➡ [特集]患者・家族とのコミュニケーションと意思決定支援 p9~

 

 医療現場での患者・家族との意思疎通および意思決定は、一般的にはインフォームド・コンセント(IC)により、日々行われていますが、その実施において、現場はさまざまな課題を抱えています。一方、患者の高齢化および医療の高度化が進むなか、共同意思決定(Shared Decision Making:SDM)という意思決定プロセスが提唱されていて、例えば、アドバンス・ケア・プランニング(ACP)の実践や、慢性疾患患者への治療・ケア方針の決定などで活用されています。

 医療者と患者が適切なコミュニケーションをとるために、私たちは今、何を、どのように考えればよいのでしょうか。本特集をとおして、適切なコミュニケーションをとること、そしてよりよい医療者-患者関係を構築するために必要な知識や方法のアップデートを図ります。

購入申込

・会員病院の方はこちら

・非会員病院の方はこちら(会員病院の方でも非会員病院の価格が適用されますのでご留意ください)

内容紹介

・目次

・読者アンケート

読者アンケートの回答は締め切りました。ご意見・ご感想などがございましたら、お問い合わせよりお寄せください。

ご案内

本コンテンツは会員限定コンテンツです。
協議会に入会をご希望の方はこちら

協議会案内
セミナー
動画
ジャーナル
活動成果
事務手続き