公益財団法人 日本医療機能評価機構 認定病院患者安全推進協議会

ログイン
新規会員登録
お問い合わせ

ジャーナル

最新号

【掲載日】2017年12月22日(金)

最新号患者安全推進ジャーナルNo.50を発行しました

【発行日】 2017年12月発行
【事例】 中耳炎術前マーキングの左右違い
【特集】 これまでの医療安全、これからの医療安全

No.50

「部位の取り違え」事例をどう防ぐか。

 

 ➡ [事例]中耳炎術前マーキングの左右違い、p4~

 

 

 手術室入室時、手術室看護師に部位の左右マーキング違いを指摘された事例を紹介します。手術前日に病棟で部位マーキングが行われたものの、手術側とは異なる反対側にマークされ出棟しました。手術室での確認後、正しい部位に適切な手術が行われましたが、主治医らの多重チェック(バリア)をスルーしました。


「医療安全情報」などで何度も注意喚起されているにもかかわらず、「部位の取り違え」事例はたびたび生じています。「部位の取り違え」が生じる要因、そしてそれを防ぐためにできることについて、改めて考えます。

 

 

歴史を振り返り、教訓を伝え、未来を考察する。

 

 ➡ [特集]これまでの医療安全、これからの医療安全、p9~

 

 医本誌は2002 年の創刊から、今号で50 号を迎えました。これを機会として、現在の医療安全の状況に、「これまでの医療安全」において生じてきたさまざまな出来事がどのように生かされ、また、考え方・制度・行為・モノなどがどのように変遷してきたかを振り返ります。そして、「これからの医療安全」がどのように変わっていくかについて、考察しました。

購入申込

・会員病院の方はこちら

・非会員病院の方はこちら

内容紹介

・目次

協議会案内
セミナー
ジャーナル
活動成果
事務手続き
facebook
facebook