公益財団法人 日本医療機能評価機構 認定病院患者安全推進協議会

ログイン
新規会員登録
お問い合わせ

ジャーナル

最新号

【掲載日】2022年09月26日(月)

最新号患者安全推進ジャーナルNo.69を発行しました

【発行日】 2022年09月発行
【事例】 持参薬の鑑別間違い
【特集】 患者の声を活用する

No.69

 

持参薬管理の新たな体制をつくる必要性

 

 ➡ [事例]持参薬の鑑別間違い p4~

 

 入院患者の持参薬鑑別の際、同じ成分で名称が異なる2剤を持参していることに気づかなかった結果、重複・過量投与に至った事例を紹介します。持参薬管理業務については、昨今の医療・薬剤を取り巻く環境の変化により、「確認」「注意」のみによってエラーを防止することには限界があるともいわれています。持参薬管理業務の今後のあるべき体制などについて、事例をとおして考えます。

 

 

「患者の声」を 医療の質と安全性を高める情報源として活用するために

 

 ➡ [ 特集]患者の声を活用する p9~

 

 近年、特に海外において、患者や家族からの苦情・意見を、既存の病院システムでは明らかにされない「質・安全性への情報源」と捉え、これを有効に活用することが模索されています。例えば、医療者側と患者側のコミュニケーションの不具合に関する患者の苦情は、対話を推進する契機とすれば、医療の質・安全維持・向上に利用することができます。また患者・家族から寄せられる感謝の声は、病院職員のモチベーション維持などに大いに有効であり、こうした声の活用も考えるべきです。

 本号では、患者・家族からの診療・サービス上の苦情・意見、または感謝の言葉などについて、組織としての対応や、活用のあり方について考えます。

購入申込

・会員病院の方はこちら

・非会員病院の方はこちら(会員病院の方でも非会員病院の価格が適用されますのでご留意ください)

内容紹介

・目次

・読者アンケート



ご案内

本コンテンツは会員限定コンテンツです。
協議会に入会をご希望の方はこちら

協議会案内
セミナー
動画
ジャーナル
活動成果
事務手続き
facebook
facebook