公益財団法人 日本医療機能評価機構 認定病院患者安全推進協議会

ログイン
新規会員登録
お問い合わせ

活動成果

【掲載日】2007年04月13日(金)

チューブ類挿入患者の自己(事故)抜去防止対策

提言

 チューブ類の自己(事故)抜去は臨床現場できわめて頻度の多いインシデントの一つであり,場合によっては生命に危険を及ぼす可能性がある.患者の被害を最小にするためには、患者の状態を適切に評価するとともに,身体拘束・鎮静を含めた抜去予防あるいは抜去後の対処を適切に行う必要がある.処置・チューブトラブル部会は,平成18年度に3回の部会を開き,検討を重ねてきた。気管(切開)チューブ,中心静脈カテーテル,経管栄養チューブ等の自己(事故)抜去を防止するために,以下の提言を行う.

 この指針はベストプラクティスを目指したものであり、現在の医療水準を担保したものではなく、また急性期病院を対象にしたものであることに留意していただきたい。

 

 

A チューブ・カテーテルを挿入する場合には本人・家族に,チューブ・カテーテル挿入の必要性,自己(事故)抜去の可能性,予防策としての鎮静・身体拘束の可能性を説明する

 挿入の目的を明確にし,挿入後は継続の必要性と早期抜去について判断する.挿入したチューブの抜去によって生命に危険を及ぼす可能性が高い場合は迅速に鎮静・身体拘束等を行う必要がある.

 

・気管(切開)チューブ

 気管(切開)チューブのトラブルは生命に関わる事故である.予定の呼吸管理であれば事前に本人と家族に鎮静と身体拘束の必要性について説明し同意を得る.緊急の呼吸管理を行った場合でも処置後に家族等に説明する.

 

・中心静脈カテーテル

 中心静脈カテーテルに関しては適応を十分に検討し,必要と判断された場合に中心静脈カテーテル挿入のインフォームド・コンセント(IC)を行う.自己(事故)抜去の確率が高いと判断された場合には家族に説明して身体拘束することに同意をいただく.

 

・経管栄養チューブ

(※)経管栄養チューブの説明と同意に関しては,平成18 年3 月付『提言 経鼻栄養チューブ挿入の安全確保について』(患者安全推進ジャーナル13 号P.39~P.41,または協議会ホームページ http://www.psp.jcqhc.or.jp/psp/ )を参考にしていただきたい.

 

 

B 自己(事故)抜去の危険性に関して患者の状態を評価する.

 自己(事故)抜去を起こしやすい患者は,せん妄や意識障害のある患者,何度も自己(事故)抜去する患者,不穏のある患者,認知症患者,胃瘻の場合造設直後の患者,経鼻胃管の場合咽頭不快の強い患者やチューブ挿入の必要性を理解していない患者等である.身体拘束の正当性を担保するために,医療機関ごとに身体拘束基準と解除基準を作成して定期的にアセスメントを行う.患者の状態に合わせた身体拘束の方法と不必要になった身体拘束は早期に解除することを選ぶことが重要である.また身体拘束にあたってはA 項,B 項の両方を満たすことが重要である.

 

・気管(切開)チューブ

 気管(切開)チューブの抜去は生命に関わるため,迅速かつ適切に身体拘束の要否を検討する.

 緊急の呼吸管理でも事後に家族等に説明を行う.不必要な身体拘束を避けるためにも早期にウィーニングを開始する.

 医師・看護師は1 日1 回,患者の換気状態,意識・鎮静状態を評価することが望ましい.

(※)鎮静方法に関するスコア及びチューブ抜去を予防する環境については,平成17 年9月付『提言 人工呼吸器回路の接続外れ事故の防止について』(患者安全推進ジャーナル11 号P.62~P.64,または協議会ホームページ http://www.psp.jcqhc.or.jp/psp/ )の解説を参照していただきたい.

 

・中心静脈カテーテル,経管栄養チューブ

 経鼻胃管は刺激が少なく皮膚トラブルを起こしにくいものを選ぶ.

 

C 自己(事故)抜去を防ぐためにチューブ固定法を工夫する.

・気管(切開)チューブ

 1日1回は医師または看護師の2名以上でテープ固定を行う.その状態は適宜確認をする.チューブの挿入長,チューブの太さ,カフ圧等をチェック表に記載する必要がある.また巡視時にはチューブの状態をチェック表と照合する.

 

・中心静脈カテーテル

 評価は定期的に行う.皮膚刺激によって自己(事故)抜去を起こす可能性があるカテーテルの種類,ドレッシング製剤は避ける.

 

D.自己(事故)抜去後の環境整備,研修体制を充実させる.

 職員へチューブ・カテーテル自己(事故)抜去時の標準的対処方法を作成し、周知する.

 医師,看護師の新人スタッフは,人工呼吸管理,チューブ管理,身体拘束について研修することが望ましい.また,自己(事故)抜去時の対処手順を作成し,ロールプレイ等の研修を行うことが望ましい.

(※)参考に、先進的な取り組みを行う病院での人工呼吸器の取り扱い実習のマニュアルを協議会会員専用ホームページ( http://www.psp.jcqhc.or.jp/psp/ よりログインが必要)に掲載するので参照していただきたい(麻生飯塚病院 人工呼吸器取り扱い実習A コース インストラクターズマニュアル第1.3 版).

 


 

※現在、ホームページでの参考資料の掲載は行っていません。ご了承ください。

資料

・チューブ類挿入患者の自己(事故)抜去防止対策

ご案内

本コンテンツは会員限定コンテンツです。
協議会に入会をご希望の方はこちら

協議会案内
セミナー
動画
ジャーナル
活動成果
事務手続き
facebook
facebook