公益財団法人 日本医療機能評価機構 認定病院患者安全推進協議会

ログイン
新規会員登録
お問い合わせ

活動成果

【掲載日】2016年12月15日(木)

[開催報告]第1回 検査・処置・手術安全セミナー(12/3)を開催しました

【開催日】 2016年12月03日(土)
【部会名】 検査・処置・手術安全部会

活動成果

 

“検査時の部門を越えるコミュニケーション力”から考える医療安全

 

 

 

dsc_0062-1

今年度、 検査・処置・手術安全部会(以下、処置部会)では「検査時の部門を越えるコミュニケーション力とは」をテーマに選定し活動しています。この度、シンポジウム形式のセミナーを開催しました。約130名の参加者にお集まりいただき、基調講演の後、会員病院の取り組み事例について、講演や動画紹介といった形で発表し合い、最後にフロアを交えたディスカッションを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

基調講演

1)「安全から質向上へ、部門のつなぎ目をKAIZENする」
 藤田保健衛生大学病院 医療の質・安全対策部 医療の質管理室 病院教授 / 安田 あゆ子 氏

 

2)「臨床検査技師の私が病院の安全文化醸成に携わって」
 総合病院岡山協立病院 医療安全管理部 専従リスクマネージャー / 佐藤 恭江 氏

 

会員病院の取り組み事例(講演)

◆ 埼玉県立がんセンター
 岩田 敏弘 氏/検査技術部長

◆ 広島市立広島市民病院
 三反田 修 氏/放射線技術部 主任技師

◆ 栃木県立がんセンター
 永井 智恵美 氏/地域連携センタージェネラルマネジャー・医療安全兼務看護部副部長

 

会員病院の取り組み事例(動画紹介)

● 医療法人 福岡徳洲会病院
 「MRIボディチェックおよび患者確認への取り組み」

● 杏林大学医学部付属病院
 「病棟および放射部門におけるタイムアウト」

● 公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院
 「先生!ブリーフィングしますよ!~チルト試験における検査技師の役割~」

 

協議会案内
セミナー
ジャーナル
活動成果
事務手続き
facebook
facebook